より良い矯正治療でより美しい歯をあなたに

>

矯正歯科医についてもっと詳しく

どんなとき矯正歯科に行けばいいのか?

矯正歯科医の治療を受けなければならない症状の代表例が不正咬合です。
不正咬合とは簡単に言えば歯が正常にかみ合ってない状態で、放っておくと日常生活に支障が出る可能性がある症状を指します。
以下は不正咬合の中でもよく見られる症例です。
・上顎前突
いわゆる出っ歯で、上あごの歯が飛び出て下あごの歯とかみ合わなくなっている状態です。
・下顎前突
受け口や反対咬合とも呼ばれている症例です。上顎前突とは逆に下あごの歯が突き出ている状態になります。
・叢生
歯がデコボコに生えて歯並びが乱れている状態のことで、乱杭歯とも呼ばれています。
また、八重歯もこの叢生の症状の一つです。
・開咬
オープンバイトとも呼ばれる症状で、上下の前歯同士を嚙合わせることができず開いたままになっている状態です。
多くの場合は成長期までに出る症状ですが成人してもしばしば見られるのでこれらの症状をお持ちの方は矯正歯科に行かれることをおすすめします。

歯科矯正の限界とリスク

これらの不正咬合の症状が出ていたとしても矯正歯科で治療できないケースというのも存在します。
顎関節など骨格自体の歪みが原因となる場合や上下の歯列のズレが大きすぎる場合は咬合の不正を矯正することは困難です。
加えて過去の抜歯や歯の欠損によって生じた隙間や空間を埋めることはできません。
そういったケースでどうしても矯正したい場合は整形外科や口腔外科の医師の方と併せて相談してください。
また、歯茎とその中にある歯槽骨が安定していなければ歯列矯正はできないので、重度の歯周病の場合はまず一般歯科で治療を受ける必要があります。
リスク面では歯痛や器具によって発音に支障がでる場合もありますが、時間経過や治療の完了で治るケースがほとんどです。
注意しなければならないのは矯正前の位置に歯が戻ってしまう後戻りで、治療の後も定期的に主治医の先生の意見を聞いて経過観察を怠らないようにしてください。


Share!
TOPへ戻る