より良い矯正治療でより美しい歯をあなたに

>

実はこんなに?いろいろな歯医者さん

一般歯科と矯正歯科はどう違うのか?

普段みなさまが利用されている一般歯科では主に虫歯や歯周病、入れ歯や親知らずなど多くの歯の問題を扱っている診療科です。
一方で矯正歯科医は歯列矯正に特化した治療を行っており、歯列矯正に関してはより専門的で細やかな治療が受けられます。
一般歯科医が歯科治療のゼネラリストなら矯正歯科医は歯列矯正のスペシャリストと言えるでしょう。
より具体的な違いを挙げると、矯正歯科には歯列矯正のための高度な設備や治療環境が整っています。
また矯正歯科医が常勤しており、急なトラブルにも迅速かつ丁寧に対応してもらえるでしょう。
逆に明確な症状は出ているものの原因がわからない場合は一般歯科で一度診てもらった方が良いでしょう。
一般歯科は広範な症状に対応しており、専門の治療が必要な場合は紹介状も書いてもらえるからです。

矯正歯科治療を受けるメリット

まず、前述しましたように矯正歯科には歯列矯正のための専門的かつ高度な設備や人員が揃っています。
また、多くの場合は一般歯科よりも治療にかかる期間が短くほとんどの医院では予約制となっているのでスケジュールも立てやすいのが特徴です。
コストの面から見ましても一般歯科で歯列矯正を行うよりも割安となっており、歯列矯正のみに絞って治療を受けたいのであれば間違いなく矯正歯科を選択した方が良いでしょう。
何より矯正歯科で治療を受けるメリットはプランの豊富さにあります。一般歯科でも使う唇側矯正装置を使った矯正はもちろん、舌側矯正装置やマウスピース型矯正装置など矯正したい場所や症状によって細やかな選択肢があるのは矯正かの強みと言っていいでしょう。


Share!
TOPへ戻る